odan blog

Vue.js の provide/inject を使って UI State を props から逃がす

isLoading などの UI State を props によるバケツリレーではなく provide/inject 機能を使ってグローバル変数に逃がす例を紹介します。

UI State の定義

この記事での UI State とはモーダルの表示や、ボタンのローディングアニメーション、トグルボタンのオンとオフの間などの状態を指します。つまり、アプリケーションとして問題を解決するのに必要な状態ではなく、UI の表示切り替えなどに必要な状態です。

UI State をどこで持つか

UI State はアプリケーションが問題を解決するのに必要な状態ではないため、できる限り影響範囲を小さく抑えておきたいです。 モーダルの表示/非表示は、そのモーダル自身に表示に関するフラグを持たせることで、その影響範囲をモーダルだけに限定できます。

一方で、API 呼び出しと紐付いていることが多いボタンのローディングアニメーションは事情が異なります。ボタンの押下の瞬間にローディングのアニメーションを開始して、API 呼び出しが完了したらそのアニメーションを終了させる必要があるため、UI State を単一のコンポーネントに閉じておくことが出来ません。

例えば Page コンポーネント > Child コンポーネント > Grandchild コンポーネント > GreatGrandchild コンポーネント > ボタンコンポーネント という依存があり、Page コンポーネントで API を叩いている場合を考えます。ローディングの状態のバケツリレーを props を使用して行う必要があります。

バケツリレーではない UI State の伝達について、これ以降考えていきます。

provide/inject とは

provide で state をコンポーネントに設定すると、そのコンポーネント以下のすべてのコンポーネントで inject を使うことにより、その state を取得する機能です。 機能としては React Context API を同じものだと理解しています。

Vue.js v2.x では

provide および inject は、主に高度なプラグインやコンポーネントのライブラリのために提供されています。一般的なアプリケーションのコードで利用することは推奨されません。

という注意書きと共に使い方が紹介される機能でした。 https://jp.vuejs.org/v2/api/index.html#provide-inject

v3 からはこの注意書きはなくなり、専用のページが出来ています。Vuex の実装にも取り入れられたりしていて、日の目を見るようになっている印象があります。 https://v3.vuejs.org/guide/component-provide-inject.html

provide/inject で UI State を管理する

実際に試しに書いてみたコードは次のリポジトリです。 https://github.com/odan-sandbox/vue-provider-sandbox

Page コンポーネント で API を叩いて、GreatGrandchild コンポーネントボタンコンポーネント に loading の状態を渡しています。

このように UI state を間のコンポーネントをすっ飛ばして扱えます。

感想

UI state として loading の状態が1つだけの場合のサンプルを書いてみました。これだけだと利点がわかりにくい気がしますね。もっと UI State の数が増えて複雑な場合だとどうなるか考えたいです。

また、Context の状態を参照できるコンポーネントのレイヤーはどこからなのかというのも新しく考える必要がありそうです。